成猫さくらと一軒家

スポンサードリンク

成猫さくらと一軒家!〜最終話〜

成猫さくらと一軒家!〜最終話〜
〜最終話〜といっても「さくらの子猫時代と今まで」のカテゴリーのことです。

 

さくらが7歳の時に今の家を思い切って建てました。
こだわりが猫部屋と玄関です♪

 

 

玄関の画像しかないので(なぜか猫部屋だけ撮れていないというw)一応こだわりをお見せしておきます♪
2階建てのシンプルで小さい家ですが、マイ我が家の誕生です。

 

おかげで、大音量で音楽を聴いても、さくらが暴れ回っても、苦情は一切来ません。
(これが一番気を遣わずに楽ですよね)

 

 

ただ、さくらの引っ越しの時は大変でした。
キャリーに入れて車で30分ぐらい距離なのですが、「フギャ―」「ミギャー」の大連呼で、新しい我が家に着いた時には声が枯れていました。

 

また、到着しても3日間は布団にもぐって出て来ず警戒心全開でした(;´・ω・)

 

 

慣れた後は暴れ放題でしたけどね(;´・ω・)
鈴もまだいない状態でしたから、さくらの家みたいになっていましたw

 

また、2階に寝室と子供部屋(今後の予定に)と猫部屋があるのですが、なんせ独り身での入居(大人の事情でw)になったので、2階は使わず1階を1LDKのマンションみたいにして生活しております。

 

 

なので、2階の寝室と猫部屋は小さい入口で連動されていますので、さくらや鈴の格好の遊び場で、寝床は1階で一緒に寝るという感じです。(子猫の隔離部屋も寝室全体で小さい入口はふさいでいます)

 

もう一つの部屋は、愛猫達が出入りできない部屋なので、衣類や荷物などの収納部屋に使っています。

 

 

この頃は甘えた三昧のさくらでしたが、一人でポツンと一軒家に住んでたら頭がおかしくなっていたでしょうから、さくらがいてくれて良かったです♪

 

この家に住んでから7年が経ちますが、さくらだけだったのが、鈴や空や巫という家族も増えて賑やかになりました。
けど、この7年間に色々な事がおこりましたが、私の精神的な支えは間違いなくさくらです。

 

住宅ローンは独り身ではかなり重くのしかかっていますが、家を建てた事に後悔はないですし、愛猫達との同居生活を満喫出来て逆に良かったと思います。

 

↓↓おまけ画像w

 

 

どんな寝方してるのでしょうか(; ・`д・´)

 

火曜サスペンスかと思いましたよwww

 

ということで、「さくらの子猫時代と今まで」のお話はここで終了です。
あとは、愛猫たちの生活でさくらの登場をお楽しみください(*^-^*)

 

スポンサードリンク

成猫さくらと一軒家〜最終話〜関連ページ

子猫時代のさくら1
子猫時代のさくら2