1階からの外の眺め♪

スポンサードリンク

開かずのシャッターからの外の眺め♪

 

我が家のこだわりってのがありまして、「猫部屋」「階段」「玄関スロープ」「猫部屋からも入れる寝室」ここから眺めれる外の景色は全て違って愛猫達が外を見れるようにしています。

 

完全室内飼いの我が子達の為に、小さいながらもこの様な間取りの家を建てました♪

 

 

確かに走り回るのに苦労するぐらい狭いニャー(=゚ω゚)ノ

 

あーーーっ(# ゚Д゚)
あーーーーーっ(# ゚Д゚)

 

どんだけ、苦労してると思っとんねん(# ゚Д゚)

 

 

甲斐性無しはすぐキレるから甲斐性無しなんニャー(=゚ω゚)ノ

 

鈴ちゃん、勝負したるから降りてきなさい(# ゚Д゚)

 

というのは置いといて、独り身なので1階のリビングを独り暮らし感覚で使い、2階は捨て猫や保護猫の隔離部屋がメインとなっています。

 

1階のリビングには、2つの窓があるのですが、どちらも防犯上の為にシャッターがついています。山の方の住宅街なので空き巣や車上荒らしが多いんですよ…

 

鹿や熊も出るぐらいですからw

 

なので、たまーにシャッターを開けて外に出ないように網戸だけにすると、さくらや鈴は違う景色を楽しんでくれます♪

 

 

開かずの扉が開いてるニャー(=゚ω゚)ノ
久しぶりに見る景色ニャー(=゚ω゚)ノ

 

たまに開けるから値打ちがあるってもんですよね(;´・ω・)

 

 

あれは何だニャー(=゚ω゚)ノ

 

開かずのシャッターを開けた時の、この子達のリアクションが大好きです♪

 

 

何か来たニャー(=゚ω゚)ノ

 

目の前が集会場と公園なので、見ていて飽きることは無いようですね♪

 

まさに、プレミアム的な風景www

 

でもね…
ちゃんと、愛猫達が外の景色を見れるようにイッパイ窓はあるんですよ♪

 

この一空間だけ特別な場所なんです。

 

 

最近さくらは運動量も落ち、ジャンプして登れたところも登れなくなってきました。
だから、鈴が去ってもさくらはずーっと見続けています。

 

そのさくらの姿を見ながら、独り言のようにさくらにいっぱい語りかけました。

 

しっぽと耳だけで返事してくれてましたけどね(;´・ω・)

 

スポンサードリンク